新型コロナウィルスについて

書くか書かざるべきか迷いましたが
無視するにも不自然なほどの影響ですし
皆さんのお暇潰しに
読んで頂けたらと思います。
 
私の見る今回の騒動の焦点は
中国政府と世界の戦いです。
 
拡散されたウィルスの毒性も不安ですが
これは暴走を続ける中国が起こす問題の
表面化した一つに過ぎません。
世界がどのように中国を制裁するか
それにより私たちの生活まで変わるでしょう。
そしてそれはアメリカが決定するのです。

 
問題を私なりに整理してみました。
 
まず、新型コロナウィルスとは何か。
これは中国の SARS の変異体ですね。
インフルエンザと比較する誤報がありましたが
本当はサーズと比較しなければなりません。
新型ウィルスは強いぞ怖いぞ危険だぞと
過大に不安を煽る研究者がいますが
自然回復する患者数の割合から見て
サーズと新型ウィルスに大差はないようです。
 
では、それなのにどうして
今回はここまで大流行しているのでしょうか。
その答えが最初に書いた中国の問題であり
中国政府は明らかに変なことをしています。
 
今回と同じように中国で発生したサーズの時に
ウィルスがそれほど拡散しなかった理由は
発生した所出を突き止めたことにあります。
ウィルスというものは
初期の千人そこそこの流行の時点なら
最初の一人まで捜索することが可能です。
日本でも犯人探しみたいにやっていますね。
最初を突き止めればそこを封じて
ウィルスの増産を止められます。
その後は虱潰しに数を減らせばよいのです。
 
ところが今回はできなかった。
中国政府は新型ウィルスが
武漢市から発生したと勝手に発表しまして
なぜかWHOを買収して国外の調査団を入れず
独自に封鎖して処理しました。
これが上手くいかなかったのは
ご存知の通りでしょう。
 
武漢を封鎖したのにウィルスが飛び火をした
ということは
発生源は武漢市じゃないということです。
 
しかし専門家たちはこれを言えません。
武漢じゃないならどこが発生源なの?って
聞かれた時に答えられないからです。
発生を突き止めたいのは世界の総意
なのに中国政府がそれを阻む・・・。
なぜか。
 
中国政府は発生源を隠したいようです。
 
さらに重要なもう一つ変なことには
世界のほぼ全ての国が
このウィルスの食い止めに苦戦しているのに
中国国内はそれほど困っていない
という現状があります。
これについて報道では
中国政府が国内の感染者数を嘘の発表で
減らして報告していると言われています。
しかし発表では病気を減らせませんから
実際に流行していたら各国と同じように
パニックが起こっていて然るべきなのです。
ところが発生源とされる国で
しかも世界で最も人口と流通が多い街で
平然としているわけです。
 
もし中国人旅行者が世界中へ
ウィルスを広めたのであれば
帰国した先の北京や上海で
最も多く大流行するはずなんです。
ということは世界に拡散させたのは
中国人ではないということです。
そして
各国が今もできないウィルスの封じ込めを
中国政府が達成しているのは
 
発生源を中国政府だけが知っている
ということになるわけです。
 
これについて一般にはこう言われています。
中国が新型ウィルスを細菌兵器として
世界中に撒いたのではないか、と。
しかしこれにも私は否定的な考えです。
なぜなら、
ウィルスを世界に撒いて
経済的に損をするのは中国だからです。
戦争目的でやったとしたならば
この程度のウィルス毒では足りないでしょう。
これでは中国の得になりません。

 
そこで、ここからが私の推理です。
話半分で読んでください。
 
中国政府が新型ウィルスを撒いたなら
それは香港なのではないか。
 
香港でウィルスを流行させれば
民衆は外へ出られなくなって
中国政府の悩みの種であった
反政府デモが沈静化する。
それでもデモが続くのであれば
対外的にも通用する理由で武力封鎖できる。
これは
インフルエンザ程度では駄目だし
もっと殺傷力の高い生物兵器を使ったら
世界はその虐殺を見逃してくれない。
中国が保有している SARS は
この計画に最も適している。
 
ところが小さな国際都市である香港で
病気が流行してしまうと
世界中から集まる人たちにも
ウィルスを移してしまう。
香港に寄港したクルーズ船は
集団感染しやすい状況が整っていて
すぐに感染者が出てしまった。
これに焦った中国政府の実行犯は
中国本土の方がウィルスの被害者である
という工作を始めた。
WHOを買収して
武漢市を発生源だと発表した。
 
世界各国は武漢のウィルスだと勘違いして
中国本土からの渡航を制限した。
ところが所出は香港なので
ウィルスの封じ込めができない。
それで世界中がパニックを起こす。
しかし中国政府は発生源を知っているので
ウィルスへの対処ができる。
 
一部の報道では武漢のウィルス研究所から
新型ウィルスが漏れたのではないかと
言われていたけれど
本当は研究所から漏れたのではないという
その証拠を見つけてほしくないから
武漢市へ外国の研究者を入れたくない。
そして香港は中国政府の管理下にあるので
調査されない。

 
こんな私の推理はさて置きまして
発生が武漢市ではないことと
WHOを買収してそれを隠したことは
恐らく間違いないでしょう。
中国政府がどうしてそんなことをしたのか
証拠を突き止めるのは難しいと思います。
 
この状況でアメリカがどう決断するか。
このウィルス騒動が静まった後の方が
大きな問題に発展するだろうと
私は見ています。

この記事へのコメント

  • ふじお

    なぜ中国本土を被害者としたのかが
    分かりませんでした

    教えてください!
    2020年05月06日
  • 批評界の管理人

    ウィルスが自然発生したのであれば
    中国もウィルス災害の被害者になり、
    ウィルスが人為で発生したのであれば
    それをやった人が加害者になります。

    なので犯人と証拠が見つからなければ
    中国も被害者として責任を逃れます。

    今日のニュースだと
    アメリカはやはり犯人と証拠を
    見つけられなかったようですね。
    しかし
    中国がウィルスを漏らしてしまったことを
    人為的なミスとして責任追及するようです。

    これは水掛け論になって長引きそうです。
    2020年05月08日